初めての神戸!きれいで、人も多くて、都会ですよ!道行く人は皆おしゃれです。ホールも綺麗で、中にエスカレーターがありますよ!
当日の物販している階の下で、メンバーがいたのに気づかれなかったって!

ツアー初日の山形から約一ヶ月、待ち遠しかった!次はユニコーンをおっかけて、神戸へやってまいりました。
2Daysの2日目です。ユニコーンさんは、2日目のライブがアツイと昔から言っておりました。ゆえに期待も高まります。ハアハアします。ちなみに1日目の衣装はポパイをやったみたいです。これは初めての衣装ですね。2日目はいったいなにになるのか!?
興奮をおさえつつ、LEDメッセージを投稿。2通送って、2通とも何回か流れました。う、嬉しいけど、恥ずかしいっ!

お姉さんのアナウンスが流れます。このお姉さんが流れると、もう始まるまであとわずかです。2回目なのに、緊張してどうしようもない!やがて客電が落ち、オルガンの音がします。
ひまわり、スカイハイと流れて行きます。今回は私のソウルメイトえっちゃんとやってきたんですが、初ユニコーンを見たえっちゃんをチラッと見ると、目玉が光ってました。私のときのようにボロボロは泣いていないものの(言っても、山形のときは始まる前からみんなみんな泣いてたんですよ。もらい泣きもするっちゅうねん。今回はそんなに泣いている人見なかったなあ、やっぱ2日目だから?)やっぱりウッとくるものがあるんですねー。2回目の私は余裕ぶってましたが、そんでもやっぱりこのオープニングは感動します。

今回、主にホールのツアーでは2通りのセットリストがあるみたいですよ。スカイハイが終わって、次はなんだろう…と思っていたらスターな男で、びっくりして飛び上がりました。そういえば前回は、男シリーズがないなぁなんてちょっと思ったものです。ここできたんだなーっ!と、私もほとんどネタバレしないようにというか、情報を仕入れていなかったので、すっごく嬉しかったです!そりゃーもう盛り上がりますよ。ドカンッときて、あっという間におわっちゃいました。

そのあとのボルボレロ。なんか山形で見た時よりパワーアップしている!というか、韓流スターの歌謡ショーばりに、前列のお客さんを握手をしながらハンドマイクで歌い歩きまわるEBI君。ピアノソロはおんなじ格好で、最後は指揮をしているのは変わらなかったんですが、ラーラーララララーの前に「さぁみなさんご一緒にっ!」と高い声で言われたので、ちょっと笑ってしまいました。かわいいですね。

それから、私は初体験のフーガとランチャがたてつづけにきます。噂では聞いていたんですけど(笑)スターな男もやったのに、以前見たものと別のメニューだっていうことをもうすっかり忘れていて、フーガのイントロがきた時は卒倒しそうでした。だって私EBI班なんだもん!そう考えると、EBI曲が3曲も並んでいるんですね、珍しい!そしておいしい!バックモニターに映るフーガの映像は、カラオケのイメージ映像みたいなかんじでした。ああ、憧れのフーガを生で聞ける日が来るとは…。2回目なのに、全く余裕のない私です。
水の戯れ〜ランチャのテーマ〜は、ランチャってよんでるんですけど、ランチャのテーマはサブタイトルっぽいんですけど、みなさんどう呼んでるんですか。やっぱランチャですか。始まる前にテッシーがマラカスを持っているんで、何やるんだろう?と思っていたんですが、あっランチャでした。コーラスワークがすばらしいです。ちょっとゆっくりデケデケも見れました。ゆったりしていていいです。このほどよいゆったりさで、ハアハアがおさまってくれると助かるんですけど、特別おさまりませんでした。どんな曲でも興奮しっぱなし、寿命が縮まりそうです。

さて、テッシーマさんがセンターにやってくると、前方でキャーッと声があがってます。いいですね。オッサンマーチ、後奏のギターソロがと〜にかく長い!その分かっこいい!ギターソロを弾きながら右へ行き、左へ行き、あまりの長さに民生が水を飲みだす始末。かっこよかったのに、終わったらテッシーの背中にピックを投げつける民生。こないだはEBI君にぶつけてたそうですが、ピックは武器ではありません。しかしながら、ソロじゃあ絶対しないようなことですよ。楽しそうでなによりです。
さらにそのあとMCでテッシーがしゃべっている間も、民生はEBI君の横へ並んで、二人で時計をぴっぴぴっぴ指しながら、「おっせーなー」というアクションをしたり、「だめだめ」って手を振ったり(二人で同じことをしているのはかわいらしかった!)お客さんがそれを見て笑っているので、まじめな話をしていたのにやめて振り返るテッシー。手を振っているのを、バイバイしているのだと思ったテッシーは、バイバイし返すのですが、し返しながら「メンバー同士で手をふるのって、なんか…」と寂しそうにつぶやいていました。

テッシーがそれでもまだしゃべりつづけようとするんですが、上手からやってきた阿部くんがキーボードのところへもどり、キミトデカケタのイントロを流しだすので、テッシーはあわてて切り上げて定位置へ。川西さんのキミトデカケタ、「君をだきしめ〜ぇぇい」では阿部くんを抱きしめ、2回目の「君とでかけたぁああ〜」では不良っぽくウンコ座りをしてます。ウケています。
山形で見たときより、SEの数が増えている?のか、まず川西さんがテッシーを殴る(フリをする)とピコーンピコーンと、マリオのブロックをたたくと出るコインの音がします。さらにボディへ何発か入れると、ボスッ!ボスッ!と民生が音を出してます。あげく首をボキボキボキッ!これ、御珍好で民生がツッシーにやってたことそのまんまです。川西マリオの映像がながれると、みんなそっちに注目して、「かわいい〜」なんて声も聞こえてきます。
ロック幸せ、2回目で余裕のある私は、君達は天使の雄叫びが上がってもビックリすることもなく、「きたぁー!」みたいな感じで、フッフーンと余裕です。しかし、最後までやってほしいなあ〜。君達は天使もちゃんと見たい!

さて、今までこれだけにぎやかになっていながら、次はどんよりシュールで真っ暗なAUTUMN LEAVES。EBI君、よく声が出てました。うしろから「く、くっらぁ〜」と嬉しそうな声が聞こえてきました。山形では、バックモニターの葉脈チックな模様は黒背景に伸びていたんですが、今回はバックから赤いライトが照らしていて、それが伸びる葉脈とともにだんだん黒くなっていく演出になっていました。日々ライブが変化しているのが嬉しくもあり、できればその変遷を欠かさず見たいなあという欲もあり。

民生がアコギを持ったので、あ、デーゲームだ!ってまたこのセットリストが前とは違うことをすっかり忘れて思い込んでいたら、なななんと自転車泥棒でヒエーッて悲鳴がでそうになりました。…途中、なんだか違和感。でもあんまり気にしないで聞いていたんですが、演奏が終わると民生がくすくす笑ってます。歌詞を間違えたんだそうです。阿部くんと「どっちが間違えたのかわかんなかった」と言って笑ってます。阿部君がコーラスを入れる「髪を切りすぎた君は僕に八つ当り」のところを、どうやら民生が間違えたらしく、「膝を切りすぎた君は〜」になったという。しかも、お互いに「あっちが間違えた」と自信満々だったそうです。
でも、間違えたのも、テッシーがカミカミなのも、全部計算ずくだと主張する民生。

このあと、ザギンデビュー。聞きたかったので、山形で演奏されなかったときはちょっとだけ残念だったので、とっても嬉しい!テッシーがキーボードでリフを弾いてます。あの、ユニコーンの秀逸なコーラスワークが再現されているのには感動!「酔いそうベイベー」を、EBI君が非常にノリノリでコーラスしたため、そのあと民生が「(笑)いいや、むしろ、谷間に溺れっそうベイベー」ちょっと笑いながら歌ってました。

そして、またピコピコした音楽。みんな所定の位置へ移動します。民生はドラムへ、EBI君は阿部君といっしょにキーボードのところへおさまります。やっぱりEBI君の銀ちゃんはそっくりです。ふるえるもん宝をふっている人も幾人か。ユニコーンのライブでペンライト振るなんて、エイベックスやジャニーズじゃあるまいしっ!なんて思っていたんですが、阿部君はライトセーバー振るし、これはバイブレーターでペンライトではない(ただしくはマッサージャー)ので、いいんだ!と気がついたら振ってました。バイブ(マッサージャー)をペンライト代わりに使わせるなんて、改めてユニコーンはやっぱり変わってます。
ラッパー出ました!今日はスカルプリントのある黒いパーカーでした。驚いたのは、川西さんのラップがかなり上達している!初日の山形は、そりゃもうヒドくて、最終的に全部「YO!YO!」でごまかしてたのに、もうちゃんとしたラップになっているではないか。EBI君のラップも、すげー面白い!ちょっと微妙に間が空くところとかもいいです。
そういえば、民生と阿部くんがアップで映るのは、このPTAだけでしょうか?最初、ライトセーバーを振る前は阿部君はポニョ振ってました。このメニューだとEBI君がアップになるところはないのか…エビ班としてはちょっとだけ寂しくもあり。

次、 WAO! 、 BLACKTIGER、R&R IS NO DEAD 、サラウンドのシャンブル曲たち。WAO!は盛り上がりますね!なんだか新しいライブの定番ができたのは嬉しいです。BLACKTIGERは山形のときよりも声が切れていなくて、犬声もよく出てた!でも、最後の犬カウントの数は減ってました…!それから、ブラックタイガーの後奏は阿部君のソロで、そのままR&R IS NO DEADに繋がっているのもかっこよかった。ここも変更点ですね。とにかく演奏から目が離せません。サラウンドも、バックモニターのサークルもようがやけに合ってて(パルックみたいだけど)とってもよかった。

テッシーが「さて、今夜もこの時間がやってまいりました」と言うので、民生が笑いながら「なんのコーナーよ」と言うと、「暴れるコーナーが」と。暴れるコーナーですね!大迷惑の特効が、さらに盛り上げてくれました。そのあとヒゲとボイン。この曲ではシュパーッはもうなくなったみたいで、勝手にあると信じていた私はちょっとびっくりしました。あ、でもちゃんとあとでありました。よかった!車も電話もないけれど、民生がハンドマイクで歌ってます。もう山形の記憶がかすれつつあるので、「え、ハンドマイク?」ってちょっとびっくりなりました。いやでも、たぶんハンドマイクだったはずだ。

そして本編最後を締めくくるHELLO。前回聞いたときよりも、もっと良くなっていました。今回は余裕があったからなのか?さっきまで、くっだらない話だとかをさんざんしていたくせに、どうしてこんなにかっこよく演奏ができるんだと不思議です。とくにリズム隊の二人に目がいってしまう。のみこまれそうでした。鳥肌がとまらなかったです。鳥肌ってとまらないもん?


そんでもってMC!今回はちょっと少なめに感じました。
EBI君が、「神戸っていい街ですね。港町でね。歴史があっていいですよね。飲み屋も多いし。」(民生「飲み屋かい!」)そのあと、EBI君特有の、間をあけてうんうん頷きながらしゃべっている、その間に、お客さんが「がんばってー!」と声をかけると、民生「ほらー、頑張ってないと思われてるよ」と言われるEBI君。民生「頑張ってるのにねえ」EBI「がんばってるんですよ」民生「頑張れと言われる頑張っている人の気持ちを考えたことがあるのか。頑張れという言葉がどれだけ失礼なことだと…」ブツブツ言う民生を遮って、ドラムを叩きだす川西さん。

民生「どんどん時間が長くなってますよ、でもこういうのは長ければ長いほどいいってわけじゃなくて、ちょうど良い時間があるのよ。なのに、長かったから得したとか(お客さんが)言うし。得したとかじゃないんですよ。あと、間違えたら得したとかね(自転車泥棒のことをもってくる)。完璧にやったらフーンなんですよ。そんで、間違えたらみんないろんなところに(ネットのことね)書くでしょ」
民生「なんでみんな人に言いたがるんだろう。俺なんか秘密主義だから。言わないから。だから、いろんなところに書くなっ!」…すいません。
民生「書くなって言うと書くと思って言わないと書くんだよね。」テッシー「でも、ここにいる人たちは帰ったらみんな書きますよ」
川西「言うなって言うほど言いたがる人がいるんだよねっ」民生「あんたがね」川西「えっ?」民生「あんたみたいな人が言うんでしょう」川西「ちがうよ。前に、知り合いでそういう人がいたのっ」民生「フーン、知り合い…(何か言いたげ)」

民生「いやしかし、本当にどんどん時間が長くなってるからね。このままいくと5時間くらいになりそう」テッシー「茶でも飲みたいですね」民生「茶を飲むコーナーをつくるんですか?」テッシー「ここ(お立ち台のところ)にちゃぶ台置いてね」お客さんたちから、やって!と言わんばかりの拍手。民生「いや、お前たち甘いよ。5時間やったって、曲数は変わらないんだぞ。あとの2時間、微妙〜な雰囲気がずっと続くんだぞ…トイレにも行きたい、そんな時間がどれほどつらいことか」


そしてアンコール。みんなやっさんで登場です。やっぱり暑そうです。
阿部くんはひっぱります。「今からやる曲は…Jではじまるう…」「J〜…」「………I〜…………」「…………………………N…………」一個ずつスペルを言って、ひっぱります。でも、始まったら盛り上がる! そしてここからが今回の一番の目玉。いつもどおり「走りつー!」と叫んだ阿部くん、ぶっ倒れて突然暗転、真っ暗に!なんだこの演出は!?とびっくりしていると…「御用だ御用だ御用だ御用だ」と聞き慣れた声が…。そして提灯を持ったスタッフが、真っ暗なステージを駆け抜けていきます。に、忍者ロックだぁーーーひっくり返るかと思いました。阿部くんはセンターで、黒い布をまとっていて、ババーッとそれを翻して参上。しかもいつのまにか忍者の額当てをしてる!超盛り上がる!

そのあと、「いやー、久々にやったねえ忍者ロック」と言い、「走りつー、づけないよっ」で特効の人をおびやかして遊ぶ阿部くん(10回くらいやってた)。メンバーは完全に座って、笑いながら見てます。そして左右にある、シュパーがでる筒を指差して「ここ、ここに3個あるんだ。3+3で6、つまりオレはロックだ」「ここからシュパーッと出るんだ」
「神戸の夜はアツイのか!?」お客さん「あつ〜い」阿部「そうか。なら脱いでもいいんだぞ」
阿部「本気の思いはいつも一方通行なんだぜ」←序盤、なぜかやたらかっこつけてました
阿部「ここからドピュッと出るから(シュパーが)、お前たちそれを浴びる準備はできてんのか?ちゃんと全身で受け止めるんだぞ!」と、両手を広げてエクスタシーに浸りながら全身でシュパーを浴びる様子をお客さんにレクチャーする阿部君。ツバかぶりシートのお客さんが「イヤだ〜」と言うと、「イヤだじゃない!逃げられないんだよ!」と言う阿部君。
さらに中2階席のお客さんにむかって、「お前らちゃんとやってるかどうか見張ってろよ!」と言うと、中2階席のお客さん「こっちにも〜!」と言うので、阿部君笑いながら「よく考えろ!どう考えても(シュバーの向きが)そっち行かないだろっ!」と言う。お客さんが「(シュパーの向きを)上に向けて!」と言うと阿部君は「え?」「『中に出して?』なんてこと言うんだ」民生爆笑。
シュパー!が出て、大盛り上がりのうちにアンコール1発目が終了。あっという間にもう次で終わってしまうんです…


PANIC!服部!BOOM!teeに着替えて戻って来たメンバー。出て来たあと民生が、「やー、結構いやがってたのに、実際(シュパーが)出たらみんなやってたね、あれ」と笑ってます。最後の曲は開店休業でした。舞監なき戦いのビデオを思い出します。企画ものビデオだったけど、あの開店休業はなんかやたらいいなあと常々思っています。あと、そのあとのエンディングの立秋もね。
すばらしい日々の感動的な終わり方もいいけど、開店休業のまったりした終わり方もいいなと思いました。そう思うことができてうれしい。これまでは「一度でいいからもう一度ライブが見たい」なんて思っていたのに、ものすごく欲が出てくるようになったなあと思います。
最後に、民生がメンバーの名前を呼び上げていきます。そのあとに、阿部君がきっと「奥田民生ー!」って言おうとしたんだと思うんだけど、間奏が終わってしまうので、あっ言えなかった、みたいな顔をしていました。なんかかわいかったです。
スクリーンに、パッと5人全員が映し出されると、ものすごく嬉しい。しっぽり終わらせて、ユニコーンは帰って行きました。

と、いうわけで、初めての神戸、とっても楽しかったです!そしてこの神戸公演(4月11日)から、新しいグッズが仲間入りしました。
オペラグラスとタンブラーの新色、オレンジと水色とブラック!山形初日でもうすでにオペラグラスはカミングスーンになっていたんですけど、ちょっと時間がかかってますね。このあと、名古屋が天井なのとたまアリに行くかもしれないということをふまえてオペラグラスゲット!これはハコもかわいいです。ファミコンの箱みたいな箱になってます。
それから迷っていたストラップとふるえるもん宝もゲットしました。あ、あんな使い方されちゃーね…!買うしかないでしょう。ストラップは、ポッケにいれるとビヨーンと出る長さがちょうどいいかんじです。壊さないようにしないと!ある日パーツがなくなってたとか、ショックだもんね!あ、あとネクタイも買いました!今日は制服コスプレだったので、偶然にもお揃いになってラッキーでした。






01. ひまわり
02. スカイハイ
03. スターな男
04. ボルボレロ
05. フーガ
06. 水の戯れ〜ランチャのテーマ〜
07. オッサンマーチ
08. キミトデカケタ
09. ロック幸せ
10. AUTUMN LEAVES
11. 自転車泥棒
12. ザギンデビュー
13. PTA〜光のネットワーク〜
14. WAO!
15. BLACKTIGER
16. R&R IS NO DEAD
17. サラウンド
18. 大迷惑
19. ヒゲとボイン
20. 車も電話もないけれど
21. HELLO

アンコール1
人生は上々だ〜忍者ロック〜人生は上々だ

アンコール2
開店休業



神戸で緞帳